~感動のスポーツシーンをあなたに~ スポーツアナウンサーレッスン開講中!
Sports Zone 株式会社
東京・大阪:080-9657-3562
月〜金: 10:00 AM – 5:00 PM

聖地でのラグビー実況(長澤)

今年で100回目を迎える全国高等学校ラグビーフットボール大会。聖地・花園を目指す高校ラガーマンの熱い戦いが今年も始まりました。
私長澤も10年以上前、全国の舞台を目標に戦い、見事予選で夢破れた経験を致しました。年末年始は自宅でJ SPORTSの花園ラグビー中継を見ながら過ごしたものですが、なんと今回その花園で実況させて頂く機会を頂きました。
人生初の花園に、1週間前から胸躍る心持ちでした。

当日は東花園駅からスクラムロードまでの道のりや花園ラグビー場の外観、グラウンドの美しさに圧倒されつつ、このような場所で喋らせて頂く喜びを噛み締めながら実況席に向かいました。
担当した大阪第2地区決勝戦は大阪朝鮮が布施工科を圧倒し、2年ぶりの花園出場が決定。大阪朝鮮の強さはもちろんですが、最後まで諦めない布施工科の姿も非常に印象的でした。

そしてその翌週、今度は東京都予選の決勝戦を担当させて頂きました。舞台はこちらも数々の日本ラグビーの歴史を作ってきた秩父宮ラグビー場。
この日はインタビュアーの弊社谷口代表と第2試合実況の弊社松本アナも一緒で、チームSports Zoneで熱戦の模様をお届けしました。
試合は目黒学院が本郷を破り3年ぶりに花園行きの切符を手に。全国レベルのフィジカルで主導権を握る目黒学院、ただ決して怯まない本郷のディフェンス。点差は開きましたが実況にも非常に力が入る決勝戦でした。

2週連続「ラグビーの聖地」での実況に内心打ち震える思いで、私自身本当に忘れ得ぬ経験となりました。
ただ花園は無観客、秩父宮も人数制限がある状態で、その分伝える側に課せられた責任は例年以上に大きくなっているということも実感しました。
選手たちの努力やひたむきさ、そしてラグビーが持つ熱さや激しさなどを、画面を通じて少しでもお伝えできるよう、私も引き続き努力を重ねていきたいと思います。

コラムトップへ
長澤洋明アナウンサー