~感動のスポーツシーンをあなたに~ スポーツアナウンサーレッスン開講中!
Sports Zone 株式会社
東京・大阪:070-8419-2827
月〜金: 10:00 AM – 7:00 PM

スピード感ある卓球の世界へようこそ(永川)

2日間に渡って、J SPORTSで卓球WTTワールドシリーズ、スターコンテンダー(ドーハ大会)を実況しました。
J SPORTSでは久しぶりの卓球中継、私にとっては初めての卓球実況でした!
解説は宮﨑義仁さんと近藤欽司さん、ともに日本代表チームの監督もされた大御所のお二人です。

卓球は小さな子どもからお年を召した方まで楽しめるスポーツですし、東京オリンピックでの日本勢の活躍もあって最近では「観る卓球」も盛り上がっています。
国内のTリーグも面白いですし、私も近所の卓球教室に(最近は行けていませんが…)通っていた時期がありました。

卓球台の大きさは約2.7×1.5m。トップレベルになるとその数倍のコートの広さがあります。
しかし実際に競技するエリアを考えても、卓球はスポーツの中でも最も狭い範囲でプレーする部類に入ると思います。

そんな卓球の魅力は何なのか、その一つはスピード感だと思います。
テンポ良いラリーが続くと見ていてもワクワクしますし、最後はスマッシュなのかドライブなのかカットなのか、、、頭もよく使います。
時折見せる緩急の駆け引きも、必ずしもパワーとテクニックだけではなくメンタルも重要なキーとなるスポーツです。

プロの解説を隣で伺うことができて、非常に貴重な時間でした。
今回は日本人選手では、男子の宇田幸矢選手、女子の安藤みなみ選手の試合を実況しました。
パリオリンピックに向けて若い選手たちも躍動しています!

今後も卓球の実況ができるよう、勉強を続けていきます。
(※写真は左から宮﨑義仁さん、近藤欽司さん、谷口廣明アナと)

コラムトップへ
永川亮太アナウンサー